木管楽器修理・金管楽器修理のミルズ。国内で希少な管楽器修理の専門工房です。

Blog

ブログ

2010

01

7月.

100年以上も・・・

ちまちまブログ第2弾です。

 

さらに時間をさかのぼり

2月中旬頃、トロンボーン奏者の

宮下宣子さんにご来社いただきました。

今回は、いわゆる「古楽器」と言われる

100年以上も昔に作られた楽器の修理をご依頼いただきました。

 

やはりそれだけ昔に作られただけあって

現在ではなかなか見慣れないものもありました。

 

記念に修理を担当した社員と一緒に

写真を撮らせていただきました。

 

 

この楽器、どんな音がするんだろうと思ったそこのアナタ!!

宮下さんもメンバーのひとりである

「東京ヒストリカルブラス」という金管アンサンブルをご存知でしょうか?

 

実は宮下さんも所属されている東京ヒストリカルブラスは

金管楽器の歴史的なレパートリーを発掘し

作曲当時の楽器を使ってその響きを現代に蘇らせることを目的に

結成された金管アンサンブルです。

メンバーのみなさんは、モダンと古楽両方の世界で活躍している

ベテランの方ばかりで

曲の編成に合わせて様々な楽器に持ち替えていらっしゃるそうです。

  

実は僕も以前、演奏会にお邪魔したことがありますが

金管楽器の歴史や進化の過程などを説明していただきながら

年代を追うごとに音程がよくなったり、音色が均一になっていく様子がわかり

非常にユニークな演奏会でした。

 

東京ヒストリカルブラスの演奏会で

もしかしたら今回修理した楽器の音が聴けるかもしれません。

 

ぜひ一度足を運んでみてください。

 

以上、金管担当中嶋でした☆

 

 

東京ヒストリカルブラスホームページ

http://www.historicalbrass.jp/index.html

Calendar

営業カレンダー

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
Loading
11月 2020
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
Loading

はお休みです。