木管楽器修理・金管楽器修理のミルズ。国内で希少な管楽器修理の専門工房です。

Blog

ブログ

2012

12

9月.

同級生?! その2

朝晩の涼しさに夏の終わりと

秋の訪れを感じる今日この頃。

 

もうすっかり忘れ去られているかもしれませんが

前回書いたオーバーホールの続きを書きます。

↓前回までのあらすじ

https://www.mirs.jp/wp/?p=807

 

前回の記事のようにラッカーを剥がしたあとは

凹直し・キズとりの作業になります。

楽器の状態にもよりますが

今回は凹は少なかったものの、腐食部が多かったため

このように管体をできるだけ分解して作業をしました。

ちなみに残ったケーシング部分はこんな感じです。

恐らくこんな状態のホルンはなかなか見られないと思います。

 

ここまで分解するだけしておいて

組み立てられなくなったらシャレにならないので

どの管がどこにつながっていたか

ちゃんと書き留めておきました。

 

僕の絵心が3しかないことがバレてしまいますね。

 

キズとりの方法は以前に紹介した

ホルンのベルガード作製の時と同じように

ヤスリをかけて、ヤスリの目を細かくしていき

最終的にバフでキレイにするというものです。

↓ベルガード作製の記事

https://www.mirs.jp/wp/?p=624

 

ビフォアー・・・

 

・・・アフター!!

 

このように管体全体をキレイにして

その後、組み立てます。

(↑文字にすると2行で終わってしまいますがなかなか大変なんです。。。)

 

組みあがった写真がこちら。

 

そしてこれをラッカー塗装して

調整・組み立てして、完成です!!

 

前回のブログに紹介させていただいた

修理前の写真と比べるとだいぶキレイになっているのが

お分かりいただけると思います。

 

細かいところではありますが

左手小指の指かけもだいぶ腐食をしていたので

キズとりをしてメッキをかけなおしました。

 

このようなオーバーホールの修理は

各種金管楽器の他、サックスやフルートなどの木管楽器でも

ご依頼いただけます。

また、クラリネットやオーボエ、ピッコロなど管体が木製の楽器でも

管体以外の部分(キイ・ポストなど)のオーバーホールをすることもできます。

まずはご相談下さい。

 

以上、最近歳のせいか、くびれがなくなったと言われた

金管担当中嶋でした☆

Calendar

営業カレンダー

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
Loading
8月 2020
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
Loading

はお休みです。